身元保証

次のようなことでお悩みではないですか

身元保証 悩み

自分の将来のことをだれに相談していいか分からない方は非常に多いのではないでしょうか。

自分のことを面倒見てくれる人なんていない」と、悲観的にならないでください。

当協会では、身元保証や身元引受人、老人ホームへの入居支援等のお手伝いをしております。専門的に業務に取り組んでいるため、最初に一人一人それぞれのライフプランを作成し、お客様に一番のライフプランをご提示させていただいております。相談は無料でいたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ほとんどの場合、老人ホームや介護施設への入居、また病気で入院する時には、身元保証人や身元引受人が求められます

身元保証,老人ホーム

なぜ、入居時に身元保証人や身元引受人が必要なのかというと、老人ホームや病院を運営するにあたって高齢者の生活上起こる様々なことに関して、危機管理が必要になります。

身元保証人や身元引受人は、老人ホームや病院側が責任を負えない事態や、運営していくにあたって支障が出てきた場合に、責任を負う人を決めておいてほしいからです。老人ホームや病院側の危機管理の1つです。

身元保証人・身元引受人の主な役割

  • 緊急時の連絡先
  • 治療を受ける際の治療方針判断や入院する際の手続き
  • 入居代金の支払いが滞った時に債務履行を負う
  • 亡くなった時の身柄の引き取りや未払債務の支払い

 

要注意!こういった身元保証会社は選んではいけません

身元保証

 

自分自身の将来の大切なことを任せるので、失敗したくないと思います。次のような身元保証人は選んではいけません。

定期的に報告をしてくれない

身元保証人になってもらい、大切な財産を管理してもらうので、定期的な報告をきちんとしてくれる法人に依頼しましょう。

当法人では、初回契約の後にライフプランを作成します。ライフプランの内容に納得していただいたお客様に、必要があれば継続契約をしていただいております。

初回契約からライフプランのご案内まで数週間かかりますので、それまでに継続契約のご依頼をするかを決めていただけます。

預託金を分離管理していない

少し前に、公益財団法人の身元保証会社がありましたが(現在は破産しています)この保証会社はお客様から預かったお金を、私的に流用していたようです。どうやら、当初は3者契約(お客様、保証会社、資格者(弁護士・司法書士・行政書士等)で契約していたようですが、そのうち2者契約(お客様、保証会社)に変えていったようです。2者契約に変えたころから流用がはじまったようなので、預託金の分離管理をしていない保証会社は避けておきましょう。

法律家のリーガルチェックを受けていない

身元保証業務に関しては様々な法律が関係してきます。民法だけでなく、出資法や税法も関係してきます。

様々な法律が関係してくるので法律家にリーガルチェックをしてもらう必要があるのはお分かりになると思います。当協会は法律事務所併設のため迅速にリーガルチェックを受けることができる体制が整っています。

また、税理士や司法書士、行政書士等の資格者と連携しているため、スムーズに業務を進めることができます。

身元保証人

身元引受人

身元保証 代表

代表挨拶

いきいきライフ協会大阪 代表
初めまして。代表の横田と申します。

当協会は”家族のように”をモットーに、シニアの方々が安心して老後を送れるよう、老い支度の手助けをすることを目的に設立されました。

1200件以上も頂いた相続相談での実績と10年以上にもわたり相続分野に特化してきたノウハウを基に、エンディングプランナーとして、皆様をサポートさせて頂きます。

具体的には、高齢者の方の施設への入居時や入院時の身元保証などを通じて、安心した生活の実現を目指し、弁護士・司法書士・行政書士などの国家資格者と連携して運営しております。「法律家の主導で抜けの無い身元保証」で『心豊かな老後』・『安心の老い支度』を行うことが出来るようになっています。

『心豊かな老後とは・・』
シニアの方々のライフプランニングによる生活設計を行い、生活や生きがいづくりの支援、その他相続開始後の事務処理、葬儀や相続に関する支援等、総合的なライフコンサルティングを行い、ご本人あるいは親族の精神的、経済的負担を軽減し、高齢者医療・障害者医療・福祉・介護等の増進に寄与することにより、公正な社会の実現の達成に努めています。

『安心の老い支度とは・・』
老い支度と言いましても様々なものがあり、皆様1人ひとりに合わせた老い支度が必要となります。何が必要で、どのように準備しておけば良いかをプランニングさせて頂きます。

専門知識が必要になることも多く、当協会は法律家・医療関係者・介護事業社・葬送支援者などと連携して、皆様に合った様々な手続きのお手伝いが、安心してご相談いただけます。

身元保証契約は非常に重要な契約です。きちんと契約内容をご説明のうえ、ご自身はもちろん、信頼できる方とも相談いただいたうえで、契約いただく事をお勧めいたします。まずは完全無料で、ご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

当協会が選ばれている理由

 

身元引受 大阪

 

身元保証

身元保証業務や相続業務は誰一人として同じ業務はありません。無料相談は、手続き件数1200件以上の代表がご対応させていただきます。

身元保証

サポート料金が明確なので「よくわからないけど追加で費用が必要になった」という心配はありません。また、お客様ごとに、ライフプランを作成しますので同じプランになることはありません。

身元保証

初回相談は完全に無料です。また2回目以降の相談料も頂いておりませんので安心してお問い合わせください。なお、出張相談が遠方の場合は交通費のみご負担いただく場合があります。

身元引受 大阪

 

当協会併設の弁護士事務所には、いつでも相談することが可能です。代表の弁護士は、相続・遺言の専門家で、遺産分割調停なども数多くこなしております。身元保証の契約関係にも詳しいので必要な方はお気軽にお問い合わせください。

身元保証

身元保証業務は様々な専門家の手が必要になります。例えば、税金なら税理士、登記なら司法書士、お役所手続きなら行政書士が手続きします。

また、協力先の病院や老人ホーム、不動産会社や清掃会社などにもお手続きをお願いすることがあります。当協会は、その窓口としてすべてご対応いたしますのでお客様の負担も軽くなります。

 

当協会へご依頼するデメリット

一番はお金がかかることです。初回契約時と毎月かかるお金があります。

初回契約時は約7万円の報酬が必要になりますし、毎月の金額も月1万円から2万円ほどはかかります。

この費用がもったいないと思う方は、家族や親戚、友人にお願いして保証人になってもらうように話を進めるのがいいでしょう。

当協会では、すべてのお客様に対して、初回契約時にライフプランを作成しますのでお客様に合ったプランをご提案させていただきます。

生活資金が不足しそうなお客様は支出も少ない任意後見契約のみのプラン等をご提供させていただきますのでご安心ください。

身元保証人

身元引受人

当協会は身元保証に関する
幅広いサポートが可能です

身元保証

身元保証契約や任意後見契約、医療介護に関する「いざというときの意思表示」宣言など、身上監護のお手伝いをします。また、死後事務委任契約や公正証書遺言の作成の手配も致します。

見守り(日常)支援

日常の事務手続きや支払い作業、不動産の管理等を、お手伝いいたします。また、定期的に訪問し身の回りのお困りごとをサポートいたします。

手続き支援

老人ホームの手配や入所手続きの立ち合い、入所のサポートをさせていただきます。また、引っ越しのお手伝いや、不動産の売却のお手伝いもさせていただきます。

緊急支援

緊急入院の付き添いや、入院時の生活支援をさせていただきます。また、入院時の身元保証や必要なものの手配をいたします。

個別支援

法律家へ相談がある場合のサポートや、相続人への事前の通知などをさせていただきます。また、後見人の申立て等も手配いたします。

ご逝去後のお手続き

葬儀供養や、お部屋片づけのお手続きもご依頼いただけます。また、遺言執行や死後事務のお手続きも、お手伝いいたします。

はじめての方のお手続き流れ

1.無料相談のご予約をお願いします

当協会の無料相談にお申し込みください。その際、事務所にご来所いただくか、老人ホームや介護施設、ご自宅にお伺いするかお伝えください。スケジュールを調整後、日程を決定させていただきます。

身元保証

2.無料相談で詳しくお話をお伺いします

お客様の現在の状況や、将来どのようなことをご希望なのか、詳しくお話をお伺いします。ご不明な点などございましたらお気軽にご質問ください。

身元保証

3.無料相談にて、内容に納得いただけましたら、ライフプランの作成にとりかかります

お客様は、それぞれ生活環境や、将来希望することが違います。お客様ごとのライフプランを作成し、ご支援できることを明確にお伝えさせていただきます。

身元保証

4.ライフプランにご納得いただけましたら、身元保証契約や見守り支援契約などを締結し定期的にご支援させていただきます

ご契約後は身の回りのお世話や、手続きの代行をさせていただきます。また、定期的にご連絡させていただき、ご希望することや困ったことをお伝えいただけましたらサポートさせていただきます。

身元保証サポート料金

サポート内容身元保証のみプランスタンダードプラン(一番人気)フルサポートプラン
初回面談
相続人調査
ライフプラン作成
いざというときの意思表示宣言(介護・医療)
身元保証に関する契約
身元保証契約書の調印
死後事務委任契約/預託金に関する委任契約
財産調査
財産管理契約
任意後見契約
公正証書遺言
相続税対策プラン作成
合計448,000円694,000円1,094,000円

よくあるご質問

Q. 本当に初回の相談料は無料なの

A.はい。初回相談料は頂いておりません。

 

時折、ご相談の後に「本日のご相談料はおいくらになりますか?長い時間話を聞いていただき、アドバイスも頂いたのに、無料だなんてとても気が引けます。」と言ったお言葉を頂きます。

 

しかし、初回のご相談が有料ですと、お客様が時間を気にして、お話に集中できない事もあります。時間がたつにつれ、相談料金がいくらになるのか、不安になることもあると思います。

 

私達は、お客様よりご依頼をして頂き、身元保証や日常生活支援等をお手伝いすることにより、初めて報酬を頂けると思っております。

申し訳ございませんが、初回相談料は頂いておりませんので、ご了承ください。無料相談では何をいつまでにしたらいいかを、丁寧にお伝えさせていただきます。

Q. 相談に行っても必ず契約しなくていいの

A.はい。必ずご依頼いただく必要はございません。

 

無料相談に行くと、必ず契約をしなければならないと思っている方もいらっしゃいます。しかし、身元保証や見守り支援等のことについては相談してみないと分からないこともたくさんあります。

 

ご相談内容を聞かせていただき、事案によってはアドバイスのみとさせていただくこともよくあります。

 

Q. 身元保証のみお願いすることは可能ですか

A.はい。身元保証のみのご依頼も可能です。

 

身元保証業務のみでは、お客様のお困りごとを解決できないことが多いですが、ご希望のお客様がいらっしゃれば、身元保証のみのご対応も可能です。ただし、通常より多く預託金を預けていただく必要や、別途書面を提出していただくことがあります。

 

Q.日常生活の支援もしていただけるのでしょうか

A.はい。日常生活の事務の代行や老人ホームへの入所手続き等、幅広く対応可能です。

 

当協会では、身元保証業務から日常の生活の支援、医療・介護のいざとういうときの意思表示の宣言、死後事務手続きまでトータルにサポートさせていただいております。

 

また、必要なサービスのみを選択していただき、お客様一人一人違ったオリジナルなサービスをご提供することが可能です。

Q.身元保証の契約にはどのぐらいの期間がかかりますか?

A.ご契約の事前審査完了までには、当日から2週間ほどお時間がかかります。また、任意後見契約や公正証書遺言の作成には、3から4週間ほどかかります。

 

スケジュールに関しましては、ご希望に合わせて調整させていただいております。

お客様からよくご相談いただく事例

お困りごと1
(お亡くなりになった後の、片付けや手続きが心配な方)

将来の葬儀供養の手配は難しい。
認知症になった場合、身の回りのお世話や財産管理してくれる人がいない。 ×
身元保証人をお願いする人がいない。 ×
医療(いざという時の意思表示)や介護の対応をしてくれる親族がいない。 ×
施設の片付けや死後の事務作業で親族に迷惑をかけたくない。

身元保証

葬儀供養の死後事務委任契約や遺言書の作成をおすすめします。将来に備えてお亡くなり後の手続きや、施設の片付けをご依頼することができます。

生前に将来の費用を先に支払い(選択可)、信託口座で管理を行うことにより、もしもの時に葬儀供養の手配やお亡くなりになった後の手続きから支払いまですべて対応可能です。

 

お困りごと2
(生前の認知症リスクや、お亡くなり後の手続きが心配な方)

将来の葬儀供養の手配は難しい。
認知症になった場合、身の回りのお世話や財産管理してくれる人がいない。
身元保証人をお願いする人がいない。 ×
医療(いざという時の意思表示)や介護の対応をしてくれる親族がいない。 ×
施設の片付けや死後の事務作業で親族に迷惑をかけたくない。

身元保証

葬儀供養の死後事務委任契約と認知症に備えての、任意後見契約をおすすめします。お元気なうちに任意後見契約を締結しておくことにより、認知症になった後に備える手続きをしておけば安心です。

また、お困りごと1と同じで、信託口座で費用管理を行うことにより、もしもの時もお手続き可能です。

 

お困りごと3
(身元保証人や身元引受人がいなくてお困りの方)

将来の葬儀供養の手配は難しい。 ×
認知症になった場合、身の回りのお世話や財産管理してくれる人がいない。 ×
身元保証人をお願いする人がいない。
医療(いざという時の意思表示)や介護の対応をしてくれる親族がいない。
施設の片付けや死後の事務作業で親族に迷惑をかけたくない。 ×

身元保証

身元保証契約の締結と医療行為を行う時の「いざという時の意思表示」に関する手続きをお勧めします。身元保証に関しては親族が対応してくれない、または親族がいないケースもたびたび目にします。

施設や病院側としても「入居してもらいたいが大丈夫なのか」「医療行為をおこなっても良いのか」と考え、なかなか手続きが進まないことがあります。また、必要でしたら「日常生活のサポート」も可能です。

 

お困りごと4
(生前の認知症リスクや、お亡くなり後のすべての手続きが心配な方)

将来の葬儀供養の手配は難しい。
認知症になった場合、身の回りのお世話や財産管理してくれる人がいない。
身元保証人をお願いする人がいない。
医療(いざという時の意思表示)や介護の対応をしてくれる親族がいない。
施設の片付けや死後の事務作業で親族に迷惑をかけたくない。

身元保証

老人ホームの入所から病院の入院時の手続きに関する身元引受けや連帯保証を担当します。また、生前の財産管理や認知症対策のための任意後見契約お亡くなりになった後の財産整理なども含めすべての手続きに対応いたします。

親族や身近な友人などに迷惑をかけることなく、ご自身の財産内で法律家や身元保証の相談員にすべての手続きや片付けを対応することが可能です。費用に関しては、もちろん信託口座で管理するため安心です。

 

事務所案内

身元保証 集合

 

運営 一般社団法人いきいきライフ協会大阪
運営責任者 横田 憲人
住所 〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目5番13号 淀屋橋サテライトビル8階
TEL・FAX TEL:06-4708-6511
FAX:06-6202-5501
営業時間 平 日:9時00分 ~ 18時00分

平日18時以降土曜日、日曜日祝日は、事前予約をされている方のみ
対応させていただいております。事前のご連絡をお願いします。

 

一定の品質を確保するために、
毎月の初回相談者数は10名様までとしております

当事務所の事務作業に関しましては、複数人で行っておりますが、面談は代表自らご対応させていただいております

お客様のライフプランを考えるにあたりまして、詳しくお話をお伺いしないと、ご希望にそったライフプランを作ることができません。最初に進むべき道を間違えると、適切な対応ができなくなりますので、当協会ではお客様との面談に力と時間をかけています。

間違いが起こってからでは遅いので、初回面談はかならず代表自らが行い、安心なライフプランを作成することとしています。よって、毎月のお客様の面談者数を10名様にさせていただいております。

また、毎月の相談者数を10名様とさせて頂いているのは、既存のお客様とのお時間も大切にしていきたいと考えているからです。

ご依頼を頂いたから手を抜くということは、あってはならないことです。当協会は、少しでも多くのお客様に、高品質なサービスを提供していきます。

追伸

当協会は、相続の無料相談にお越しになられたお客様から、身元保証について相談されたことから発足することになりました。一人や二人ではなく、数十人の方からご相談があったため「何とかしなくては」と思い社団法人を運営することにしました。

お客様の声では「身元保証人が必要だが、どこに依頼したらいいかわからない」「お金を使いこまれないか不安」といった声が多数ありました。当協会は弁護士にも相談することができるので安心してご利用いただければと思います。

また、「相談することが恥ずかしい」「面倒くさい」など思わず、本当に、「ちょっと聞きたいから教えて」だけでも結構です。老人ホームにご入居している方でしたら、「相談したいから施設に来てくれませんか」と言っていただけましたら、すぐにでもお伺いさせていただきます。

介護職員の方や民生委員方、市役所の方等で、ご対応している高齢者の方が身元保証等でお困りでしたら、ご連絡ください。すぐにお伺いさせていただきます

高齢者の方からすれば、丁度子供ぐらいの年齢になりましたが、これからも精一杯お客様のお役に立てるように頑張っていく所存です。

身元保証人

身元引受人